スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
気がつけば、23...
DSC04815.jpg






久しぶりの更新。
随分と、間があいてしまった..

私の最近ごと。

まず、1ヶ月くらい前に髪をばっさり切りました
たまーに、ばっさりいきたくなっちゃうことがあって、大学時代にも一度やったんだけど。。
けっこう..
うん、けっこう周りの評判がよかったので、しばらくは短い髪を楽しもうかなと思って。
また明日も切りに行こうと


それから、2つ目は大きな仕事を任せてもらったこと。
仕事先の経営するキャンプ場のちらしを担当させてもらって、5000部程つくりました。
も~う、これでもかってくらい何度も手直しして、
印刷業者さんのところに駆け込んで、
なんか、プチ編集者気分を味わい、
一度でも出版社に勤めたいと思った自分を呪うほど..
大変デシタ、えぇ

でも、終わった後の達成感。
んーというか、達成というか..
本当に終わったのかなぁみたいな、ふわふわした感じだったけど。
とりあえず、初めの構成から、使用する写真の撮影まで本当に1から作ったので、
いい経験をさせてもらったと思う
でも、しばらくちらしは作りたくないかなぁ、うん。笑

3つ目。
最近ね、お料理にはまってるんですよ。
この私が。
大学時代は、パスタつくるのに、沸騰前の水にパスタ突っ込んじゃうような子が..

お料理、はまっております。

ちなみに、写真は「あさりの佃煮」。
実はこのあさり、課長ファミリーと一緒に潮干狩りで収穫したもの。

最近も、会社の宿泊プランの一つである「たまねぎ堀りデモ」に参加して、
ネットいっぱいの玉ねぎを収穫してきたばかり
とても一人じゃ食べきれないからお母さんに送ってあげたけど、
それでもまだ、6個くらいのタマネギが、寮の玄関にごろごろしています。


このごろ、仕事場の人間関係がかなり良い。
居心地がいいっていうのかな。
思えば1年かかってやっと、素の自分が出せるようになってきた。
1年というのは、遅い方なのかどうか、わからないけど..
絶対仲良くなれないと思っていた人と、今は心から笑いあえているんだから、
なにがあるかなんて、ホントわからないもんだよねえ。

ただ一つ気をつけることは..
この環境に慣れて、大切なものを見失わないようにすること。

、だよね?



************++++++
最後に..

最近お気に入りの曲。

moumoon"sunshine girl"、かわいい曲。
あと、jimmy cliff"i can see clearly now"、the常夏。

どちらもCMソングなので、気になる方はyou tubeへ

【2010/05/23 02:15】 daily | トラックバック(0) | コメント(2) |
time waits for no one..
asahi
冬を感じるタイミングは、みんなそれぞれ。

私は毎年決まって、日没が早まった頃に
今年も冬がやってきたんだなぁと思う。
それから、冷たい風を肌に受けて、
少しだけ物寂しくて、切なくなって、
鼻がつーんってなるんだ。

冬は、人恋しい季節。
それは異性とか恋人だけじゃなく、
友達とか家族とか、大切な人に逢いたくて。。

実は先日、いとこのお兄ちゃんが結婚しました。
結婚式は、生まれて初めて。
だから、この日が待ち遠しくてたまらなかった。

年が離れている分、小さい頃から可愛がってくれたいとこのお兄ちゃん。
優しくて、甘ったれの私にいつも味方してくれた。

でも式の当日、そんなお兄ちゃんの隣に座っていたのは、
私の見知らぬ、でも本当にキレイな女の人で、
それは彼が生涯を共にすると決めた大切な大切な人なんだよなぁと思ったら、
どこか遠くへ行ってしまうような、
一人寂しく取り残されるような、
そんな切ない気持ちでいっぱいになっちゃった。

もしもこれが、本当のお兄ちゃんの結婚式だったら、
そしていつか自分も結婚して家庭を持ったら、
生まれ育った環境や家族と過ごす時間なんて、
人生の中であっという間の時間だったんだろうな。

今ある幸せよりも、今ない幸せを求めてしまうのは、
欲深いことだと分かっているけど..

今はただ、
家族や大切な人と過ごす時間が欲しいんです。

***************************
topの写真は昨日、出勤前に撮った日の出。
こんな景色を当たり前のように毎日見られることも、今ある幸せの一つなんだろう。
今ある幸せを、大切に。

time waits for no one..
http://www.youtube.com/watch?v=IhNipHhoSCs

時をかける少女より
【2009/11/15 22:24】 heart | トラックバック(0) | コメント(5) |
70days in Hokkaido..
telephone
70日間の北海道研修から、帰ってきました。
相部屋生活から一人になると

「ただいま」
と言っても、「おかえり」が帰ってこなくて、

「おやすみ」
と、寝る前に聞こえるいつもの声もなくなって...


一人暮らしに慣れるには、もうしばらく時間がかかりそうです。

それでも帰ってきた先では、
これまで挨拶止まりだった人から「おかえり」の言葉をたくさん貰えて、
私のいない所で、自分の話題が何度も出ていたことを教えてくれた。

研修中はメールや差し入れを送ってくれた人もいて、
決して何の縁もゆかりもない場所だったのに、
何故か「帰ってきたんだなぁ」と、ホッと出来る暖かさがあった。

************************************
さて話はさかのぼり、研修中はというと...

今まで自分で分かっていた短所も、
今まで人に言われたことがない様なことも、
本当にびっくりする位ストレートに指摘される日々でした。

何度やってもうまくいかないことがあって、
頑張ったのにあと一歩が足りなくて、
少しでも気を抜くとその日一日が無駄になって、

悔しくて泣いた日もあれば、
家族の声に、思わず涙が溢れた日もあった。

こう見えても、普段あんまり泣く子じゃないんですけど。

でも、これからどんな人生を送るか分からないけど、
こんなに自分のことを見て貰って、
良くなるように指導してもらえる機会なんて
そこそこあるもんじゃないよなぁ、と

終わった今だから、素直に思えるんだけどね。

*************************************
それから、
内定式と数日間の研修でしか顔を合わせなかった同期の一部と再会した。

中には同期以外にも研修生がいて、
価値観の合う人、異なる人、
年齢も性別も様々、
そんな見ず知らずの人たちが全国から集まり、一緒に研修を受ける中で..
初対面では見えなかったみんなが見えてきて、
時には厳しく指導される場面を見た。

そうして、少しずつ相手を想う気持ちが増えてきて、
気が付いたら、
お互いに相手を支えてあげたい、と思える仲間になっていました。

そんなみんなと働く環境が出来たおかげで、
今まで私は、いかに自分のことばかり考えて動いていたんだろうと思った。
周りや、自分の後に同じ仕事を引き継ぐ人のことを考えて働くことが、
どれほど大切かを学べたのが、今回の研修で得た一番大きなことかも。
それに結局そう思ってしたことは、巡り巡って自分にも返ってくるんだよね。

今回はお堅い文章になっちゃったけど...

人生って、ホントどんな出会いがあるか分からないもの。
あれほど嫌だと思っていた研修先で、
まさか、出会えて良かったと心の底から思える人に出会えるなんて、
これっぽっちも想像していなかったから。

大切な人が増えていく、幸せ。

【2009/11/07 12:52】 work | トラックバック(0) | コメント(3) |
カニタさん
will


変わらないもの 探していた
あの日の君を 忘れはしない
時を越えてく思いが ある
僕は今すぐ君に会いたい

変わらないもの/奥華子



この曲、最近毎日聴いてます。
映画「時をかける少女」の主題歌として使われているんだけど、映画も好き。
切ないstoryに、この曲がまたぴったりなんです。

************************
さて最近、すごく嬉しびっくりな出来事が2つありました。

5月24日
大学時代の友達から小包が届きました。
何だろうと思って開けてみると...
なんと、中にはwillcomの携帯が入っていました。

最近、「あったらいいよね」なんて話はしたばかりだけど...
本当に、ありがとう。
これから始まる長くて辛い北海道研修も、
この子のおかげで随分と、モチベーションが変わりそうです。
これが、一つめの出来事。


5月26日
そして今度は会社に、”(寮生)蟹田様”という宛名で荷物が届きました。
送り主は以前宿泊されたお客様で、中身は御菓子。
けれども蟹田という職員は職場にいないため、
結局寮生ということ、そして遠目からだと名前が蟹田に見えるという理由から
私がお礼の電話をすることになりました。

とはいっても、どんなお客様が思い出せないまま電話を手に取ると...
確かに朝のお散歩会で私の担当したお客さんでした。

仕事終わりに皆で頂こうと御菓子を開けると、
中には2枚に渡って、お礼と応援メッセージの書かれたお手紙が入っていました。
お客さんから個人で物を頂くことは少しだけあったけど、
今回みたいにわざわざ後から送って貰うことは初めてで...
ましてやお手紙なんて。

接客業は終わりのない難しい仕事だと思っていたけど、
こんな私でも、人の心に届く何かを伝えられたことが、本当に嬉しかった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

いくつになっても結局やりたいことが見つからなくて
流れに身を任せたまま始めたこの仕事だけど..

やっぱり人と触れ合う仕事は、
自分がどんな人間であり、これからどんな人間になっていきたいのか、
そういう自分自身を見つめて、変えるきっかけを作ってくれる...
そんな場を提供してくれるものなんじゃないかなぁー

と、今の私は思います。

【2009/05/28 10:09】 work | トラックバック(0) | コメント(5) |
朝市
otsuka1


5月10日は母の日、ですが...
淡路島ではもう一つのビッグイベントがあったのです。

それが、”はもの初せり”。

というわけで、行ってきました。
課長と一緒に朝市のお手伝いへ


その日はまさに、夏日
ホテルのおっちゃんにトラックで送ってもらうと、
そこにはタマネギ・ちくわの天ぷら・いかなご・そうめんなどなど、地元人が屋台を出店。
その雰囲気だけで十分わくわくものなのに、はっぴを羽織って更に気分は祭り人

しかも、”はも・解禁”ということで
地元やNHKの取材がわらわらいる中、その最前列で私は鱧料理のふるまいを...

まず、煮込んだ野菜と鱧の入った、”はも鍋”は、先着100名様に無料振る舞い。
更に、甘いたれに浸けてこんがりと焼いた”はも丼”は、一杯たったの¥100。


その他にも...
活きのいい魚と子供たちが格闘を広げる「魚のつかみ取り」や、
流しそうめんもどきの滑り台で、1~6枠のはも選手を競わせる「はもレース」など、
会場は子供から大人まで大にぎわい。
ちなみに、競馬ならぬ”競はも”の勝者には、タマネギ5キロ分がプレゼント。
なんかもう、地元カラー出まくりでしょ

でもね、
外国のお客さんが、和太鼓と阿波踊りを嬉しそうにニコニコしながら見ていて、
こんな小さな島にも、人を惹き付ける大きな魅力が眠っているんだなぁって思った。
日本のこと、私はまだまだ知らなすぎるや。


結局、その日はも料理は勿論のこと、
お土産に巻き寿司まで頂いて、食べてばっかりの一日でした。
ホテルに戻って仕事を終え、夜は夜でまた従食のお世話に....
「今日、食べすぎ
と、課長から言われるのもごもっともです。

+++++++++++++++++++++++++++++++

さて、本日の写真は...
大鳴門橋から徳島に渡ってすぐの大塚国際美術館
こちらも、研修という名目で休みの日に入館させて頂きました

とりあえず、館内は4時間あっても回り切れない程広々。
それもそのはず...
時代や国を越えた絵画や美術品が、これでもかって位展示してあるからです。

作品自体はコピーだけど、本物を忠実に再現しているし
何と言っても...
TVでしか見たことのない作品を直接見られるとなると、
それなりにテンションも上がるものです


淡路レポートはまだまだ当分、続きそうな予感です

【2009/05/12 00:49】 work | トラックバック(0) | コメント(5) |
Golden working..
sunahama

世界は今日も簡単そうにまわる
そのスピードで涙も乾くけど

君の夢が叶うのは
誰かのおかげじゃないぜ
風の強い日を選んで
走ってきた

the pillows/Funny Bunny



世間がGolden weekと言われるさなか、
私はGorden workingな日々を送っていました。

忙しさに気を取られると、やっぱり笑顔が減ってサービスも行き届かなくなっちゃいます。
そんな中唯一の救いだったのが、こどもの日
残念ながらお天気はご機嫌斜めだったけど、
館内では”鯉のぼりを探せゲーム”に夢中の子供たちで大にぎわい。
鯉のぼりを必死に探し回る彼らを見て、自然と笑顔がこぼれました

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、一人暮らしを始めて一番心配されるのが...
やっぱり食生活。

ご飯は、お昼と夜を従業員食堂で取っています
食堂には従食を担当する3人のおばちゃんがいて、
毎日交代で美味しいご飯を作ってくれています。
最近のヒットは、”山芋と鶏肉のあんかけ”(´∀`)♪
お母さんの作る大好きな”海老と栗のあんかけ”を思い出す様なお料理です。

ただですね...
従食なので、ご飯やみそ汁はお代わり自由。
仕事を始める様になってからというものの、食べる量がグッと増えた私は
止めてくれる人がいないとついつい、食べ過ぎてしまうのです...
おかげで体は元気ですが、前よりもふっくらふくふく
今は食べることが一番の楽しみですねー(゜∀゜)ノ

楽しみといえば、新人ならではのこんな特典もあります

1. 喫茶で残ったパンのお持ち帰り
2. 売店新商品のサンプル
3. お客様が手を付けなかった部屋菓子のお持ち帰り
4. お客様からのお土産

特にお土産は全国のご当地ものが頂けるので、美味しかったものはメモメモ...
休みの少ない仕事だけど、いいこともたくさんある仕事です。

最近も、「イベント好きなんです~」という話をしていたら...
今度の勤務で朝市のお手伝いに同行させて貰えることになりました
いつもとちょっと違う外部のお仕事なので、わっくわく
やっぱり、自分から色々と発信してみるものです。

+++++++++++++++++++++++++++++++

まだまだ周りの先輩とは比べものにならないけれど、
でも少しずつ...

自分が日々変わっていくのを実感しています。

自ら一歩を踏み出すことって、やっぱり本当に大切。
時には大きく跳びすぎて転んじゃうこともあるけれど、
立ち上がる元気をくれる人が、私にはいるから。

変わらないものは大切に、明日も一歩を。

【2009/05/08 00:57】 daily | トラックバック(0) | コメント(7) |
island life..
daifuku


最近くるりの「赤い電車」を聞いていたら
地元のブルーラインが ふっと、懐かしくなりました。

そんな私の新生活は、
電車の走らぬ静かな島で
まだ始まったばかりです。



毎日些細なことで落ち込んだり、喜んだり...
でも、全国に散った同期の近況を知って
「辛いのはみんな一緒なんだ!」って、何度も励まされたりして。

1ヶ月が過ぎようとした今は、ここでの生活にも少しずつ慣れてきました。
そこで、休日の過ごし方をちょっとご紹介。

++ お休みの日 ++

1. 勉強のために観光地へ...
2. 雑貨屋さんへ....
3. 甘味処へ...

愛車のvitzくんは何処へ行くにも、島内を元気よく駆け回ってくれます
車の地元ナンバーを見る度に、
こいつだけが一緒に付いてきてくれたんだなぁ、としみじみ。

たかが車、されど車。

今の私にとってはすごく頼もしい存在です。
神戸ナンバーがわらわらいる駐車場で、
こいつもさぞかし寂しい想いをしているんだろう...なんて思って、
時折車をよしよししながら、「一緒に頑張ろっか。」 なんて言ってみたり。。


ちなみに昨日-今日は初の2連休だったので
高速を使って、お爺ちゃんとお婆ちゃんの家に一泊してきました。
久しぶりに気を遣わないでのんびり出来て、本当に居心地良かった...

「またいつでもおいで。」

って言ってくれたからには、
これからも元気に長生きして、私の帰りをずっとずっと待っていてよ。

**********************************

今日の写真は、
雑誌richerで取り上げられた「あさひ餅」の大福。
商店街の近くで、ひっそりと店を構えるお爺ちゃんのお薦めです。

「お休みはいつですか?」
って聞いたら、

「気まま休み。朝起きて体調が悪かったら休む。」
みたいです。

のんびりした島ならではでしょ
ここのいちご大福も美味しくて、口に入れたらすーって溶けちゃうんだよ。

**********************************


awaji ba-ga-

ちなみにこちらは、淡路バーガー
これが本当に美味しくて、
淡路島に来たらおすすめNo.1です




お米は美味しいヘルシーの雑穀米。
たまねぎは他県とは比べものにならない位、とっても甘い。
サイドにはさつまいもスティックと、絶品熱々オニオンスープ。
仕上げには、オレンジシャーベットでさっぱりして、満腹

レストランの窓から見える真っ白の大鳴門橋も、絶景です。


こんな感じで、これからもゆっくり更新していくつもりです。
気まま休みならぬ気まま更新ですが、
皆様も気ままに、見に来てください...

それでは、おやすみなさい


【2009/04/29 23:56】 food | トラックバック(0) | コメント(5) |
$GuamauG$
sora+hana

2月3日。
犬の散歩で近所を歩いていたら、聞こえてきた。

「おにはーそと。ふくはーうち。」

そっかぁ、今日は節分だったんだ。

声のする方を振り返ると
女の子が、その小さな体のどこから出してるのかと思う位大きな声で叫んでいた。
豆まきが終わると側にいたお父さんが
「よし。」と言って、静かに玄関の扉を閉めて・・・

その瞬間

あぁ。
何だか今、すっごくあったかい。

そんな気持ちになりました。

********************************

1月26日~29日にかけて、Guamに行ってきました。
今日の写真も、そんなグアムで撮影したもの


+スケジュール+

26日: 夜 成田発
27日: "Tumon Beach"
28日: ショッピング→ 観光"Two Lovers Spot"(恋人岬)→ ナイトバザー
29日: 明け方 グアム発


この旅での睡眠時間は合わせて10時間前後。
それ位、バタバタ駆け足の4日間でした

街を歩けば日本語の看板が立ち並び、バスに乗れば乗客の8~9割は日本人。
レストランに入ればメニューは日本語だし、観光地のスタッフは日本語ぺらぺら。

そんな具合だから、英語、殆ど使いませんでした
仮にも英文科の卒業旅行なんですけどね・・・

でも、現地の人はみんなおしゃべりで陽気で、日本のお笑い大好き。
働いてる人の人柄も、そのままサービスになるくらい自然体。

レストランで巨大ハンバーガーを頬張っていたら、突然後ろから
「おいしー?」
って話しかけてくれる位、みんな気さくでフレンドリー。


海なんて、今まで見たどの海よりもきれいだった。

まるでパッチワークみたいに、異なる青をはぎ合わせて作ったみたい。
だけど一旦足を踏み入れれば
そこにはただただ、透明に透き通った水が広がるばかり。

あれ、海ってこんなにすごいものだっけ?

そんなことを考えていたら
知っていたはずのものが、それまで知っていた形や色から
すっぽり抜け出てしまった。

それならきっと
これから向かう先にも、そんな発見や感動がたくさん眠っているんだろう。

働くことへの不安とか不満とか
そんなマイナスな気持ちを少しだけ、楽しみに変えるチャンスをくれた

そんな旅。


やってみようかな、やれるだけ。

【2009/02/05 01:07】 travel | トラックバック(0) | コメント(2) |
+心の空+
トライアングル

1月8日。
大学の集大成とも言える
卒業論文の提出が終わりました。


肩の荷も下りて気分は晴れやか

といきたいところですが・・・
年明けからバタバタと動きだし
当日は締め切り時刻ギリギリに提出したせいか
いまいち自分の中で納得した終え方が出来ていない。

人一倍時間がかかるくせに、実は私、なかなか妥協が出来ないんです。
だから学校の試験とかでよく
”終わった人から抜けていいですよ!”ってタイプのものは
絶対に最後まで残る派です。

そんなこんなで結局
大学生活最後まで、時間に追われてバタバタしてしまった自分・・・
それがイヤで、終わってからもしばらくは
もやもや・うじうじした暗い雲が、心の空に広がっていました。

あ、でもね。
今回は 「卒業制作+研究」 という形で英語の絵本を制作したわけなんですが
そっちは手作りのためか
自分なりに愛着のわいた物が出来たかなと思っています

というわけで、終わったことは終わったこと。
気持ちを入れ替えて残りの日々を大切にしないとね
++++++++++++++++++++++++++++++

そんなこんなで・・・
9日に東京ドームの一日バイトに行ってきました!

今ドーム内では、各地の名産品を集めた「ふるさと祭り」をやっているんです!
その一角に出店しているカフェバイトのメンバーが足りないらしく
ゼミのお友達と一緒にお手伝いに行ってきました

顔馴染みと一緒に働いていると
まるで文化祭の延長戦みたいな気持ちになってきて
すごく楽しくて、楽しくて。。
これから始まる仕事もこんな風に友達と一緒だったら
きっと、楽しく頑張れるのになぁ・・・なんて。
でも本当に、思い出深い経験になりました(´∀`)ありがとう。

それでね、
確か朝の10時くらいから夕方の6時半までやったんだけど
仕事が終わってから記念に、ふるさと祭りを巡ってたんですね。
そしたら、徐々に体に異変が起きて・・・
早くも筋肉痛がきたんです!

「こんな早くに来るなんて・・。私らまだまだ若いー

なぁんて、友達とワイワイ喜んでたんだけど。
よくよく記憶を辿ればその筋肉痛は
前日、卒論提出を終えた勢いでやった、「ドロケイ」の筋肉痛だったんです

全然若くないし、むしろ今更来るなんて遅い!
というわけで
その翌日はダブル筋肉痛で、一日中体がかちこちでした

+++++++++++++++++++++++++++++++++
それで私、気付いたんです!
「筋肉痛の時は、あまり良い夢を見ない」って事に。

よく、ワンコとかが足下で一緒に寝てる時って
すごく重いから夢の中でも、足にタイヤつけて走る夢とか見るんですね。
そういう感じなのかな?
その日も、4話位ストーリーの異なる夢を見たんですが
見事に全部悪い夢でした・・・

でもね、
働いた後にぐっすり眠れるこの感じは
頑張ったなぁって思えて、すごく気持ちがいい。

心の空が、雲一つない青になりそうだ!

【2009/01/11 10:28】 work | トラックバック(0) | コメント(4) |
2008ねん Last diary.
tokyo tower2



Happy Merry Christmas

今年も大好きなクリスマスが
やって来たと思えば
あっと言う間に終わりを迎えてしまった。



好きな季節は? と聞かれると答えに詰まるけど
反対に嫌いな季節は? と聞かれれば決まって同じ答えを思い出せる。
私の嫌いな季節。
それはクリスマスが終わり、新しい年が明けるまでのこの数日間。

街から明かりが消え、あちこちでひっそりと門松やらしめ縄が飾られた途端
それまでの浮き足だった気持ちがすぅーっと消えてしまうんです。
またいつもの姿に戻るだけなんだけど、
そのギャップがあまりに大きすぎて、余計にがっかりする。
***************************

2008年がじきにおわるけれど
そういえば今年一年は何をしても、頭に”学生最後”の4文字が付く年だった。
学生最後のクリスマスは、大切な大学仲間と過ごした。

そういえばこないだ・・・

「大学に行って良かったか?」 

と父から唐突に尋ねられたことがあった。
「良かったよ」 とすぐに答えることが出来たのは
出会えて良かったと心の底から思える大切な人たちを想って。

頭の良さとかそういうんじゃなくて
人として素敵だなぁとか、こんな人になりたいなぁとか・・・
そういう内側の部分に魅せられる人達に与えて貰った影響こそが何よりの財産。
これぞいわゆる、priceless.

今までは、人が見てない所で誠実であったり、気遣いをしたって
それに気付いてくれる人はなかなかいないと思ってた。
自分や世の中に対して正しく生きることや、良い人であり続けることは
一方では気持ちの良い生き方ではあったけど、時には損な生き方だと感じることもあった。

だけどそんな日の目を見ない姿を、陰ながらに見てくれている人はいた。
気が付いてくれて、ちゃんと知ってるよって教えてくれる人がいて
それだけで
見返りばかりを求めない、素直で誠実な生き方を好きになれた。

「静かに我慢が出来る」
それが、尊敬する人たちが共通して持つ姿。
そして、私の求める理想の姿。

少しずつ、ゆっくりと
でも着実に、自分を高めていこう。

********************
2008年、お世話になったみなさま。
本当に有難うございました。

2009年がみんな一人ひとりにとって
素敵でかけがえのない一年になりますように・・・

【2008/12/30 00:18】 heart | トラックバック(0) | コメント(4) |
しんみり、秋
ie



最近はめっぽう寒くなりました・・・
風邪、ひいてないですか?
コーンスープ、飲んでますか



せっかくお風呂で温まっても、足下からすぐに冷えちゃうこの季節。
私は靴下を履いてそのままお布団に潜りますが、
”靴下を履いたまま寝る”、というのは、私の周りではちょっと珍しいことらしいです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、こないだの日記で日光の話をちょろっとしましたが、実は行ってきました。
紅葉を見に、日光へ
お父さんと、いぬと。

いろは坂をくねくねと登って、紅葉って、思ってたより良いかも、と気付く。
私の中ではそこまで期待してなかったんだけど、
赤とか黄、緑、だいだい、黄緑・・・
っていろーんな色がそれぞれ、ちょっとずつ山から頭を出している姿はけっこう面白く
全然見飽きなかったです。
特に赤い銀杏は、「秋だぞー!」ってすごく主張してる感じがして、可愛い

でも一番楽しみにしていた、というか
私の中では一番の目的地であった”日光東照宮”の時間がいつの間にか削られ、
結局門の手前までで、パワースポットまで辿り着くことが出来なかったよ・・・

だけど、父と娘の2人ドライブなんてそうそうあるものでもなく、
これはこれでまぁ良かったのでは、と思ったわけであります。

+++++++++++++++++++++++++++++++
話は変わって、もはや秋と言える季節でもなくなってしまったわけですが、
先日大学のゼミ仲間とスポーツの秋にいそしんで参りました

ボウリングから始まり、
サッカー、バレー、バスケ、バトミントン、テニス、バッティング等々・・・
一通りのスポーツを汗をかきかきやって、
久しぶりに体を思いっきり動かせてすごく気持ちよかった

おかげさまで今では、体のあちらこちらから
「いきなり僕を酷使しないでくれ
と、お叱りを受ける日々でございます。。

でもね、中でも楽しかったのが、”ローラーブレード”
スケートリンクみたいな広いリンク内を、光GENJIみたいな格好で競争したりして、
そういえば小学生の時も、
(たしか)黒と蛍光黄緑のローラーブレードでよく滑ってた
わんこにリードをつけて、犬ぞりみたいなこともよくやってたなぁ、とか思い出しちゃった。

そんな私は、小学生時代と同じことで、同じ様に楽しめる大学生です

+++++++++++++++++++++
最後の文化祭も終わってしまったけど、
4年生でもクラスで出店したり、野外ステージに上がれたり、
それってやっぱり
人とか環境とか、いろーんなものに恵まれた学生生活の表れなんだろうな。

そんなみんなと離れる3月を想って、やっぱりすこしだけ、寂しくなってしまう。
きっと寒さはひとを、余計にしんみりさせるのだ。。
【2008/11/16 01:32】 daily | トラックバック(0) | コメント(5) |
たいせつなものは
信号アップ

最近、「the Indigo」というユニットの曲を聴いています。
ひこうき雲が似合う様な清々しいかんじ、ですねぇ

そんな爽やかな曲を聴いている一方の私はと言うと、

毎日覇気がなく、だらだらと日々が過ぎてしまっています。
というのも、何だか努力をしても報われない空しさみたいなものを
この2~3ヶ月で感じてしまったからでしょうか。。

周りのみんなは未来にきらっきらの希望を持っている様に見えて
あぁ・・羨ましいなぁ・・・なんて思っている自分が嫌になり、
これはもう本当にダークな感じになっております

パワースポットに行って気分転換した方が良いのかも知れない
そう思っていた矢先、家族で紅葉を見に日光へ行こう
という話が浮上したにも関わらず・・・
その話もまたおじゃんになりそうで、より一層暗闇が広がっております。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
さてと。

前回葉月にっきを1・2と立て続けに書き、締めの3が残っているにもかかわらず
あれから一ヶ月が過ぎてしまいました。
タイミングを失った今となってはこれから綴るのも少々気後れしているので
簡単に出来事だけでも書こうと思います。

さっそく四国旅行から帰った翌日からは、一週間就職先にてアルバイトをしてきました
たったの一週間だというのに初日からホームシックにかかり、
そういえば私って・・・
1人で見知らぬ地で過ごすことって
今までほとんど経験したことがなかったんだなぁと気が付く

お兄ちゃんに「甘えん坊将軍」の名をつけられていたことを思い出し、
この年になって自分で妙に納得です(´・Å・`)

また今夏のビックイベントである”大阪・名古屋”旅行にも行ってきました
ご想像の通り、食べて食べて食べまくりの日々でした。
また写真もupしたいと思うのでこの旅の思い出はそちらをどうぞ!
食べ物ばかりですけどね・・・w

そんなこんなで、大忙しだったけど大満足の夏でしたよ
+++++++++++++++++++++++++++

就職先のアルバイトを経験して、
これからが楽しみどころか不安でたまらなくなりました。

安定したみちに逃げ込みたくなったり、
やりたいことに今すぐ向かっていきたい気持ちもあったけど、

最近はいろんな人生を歩んでいる人を見て、
少し頑張ってみる時間があってもいいのかもしれない
そんな風にやっと思えました。

時間はかかったけど、
頑固だから自分が納得するまでやらないと気が済まない性格なんです。

学生生活が半年を過ぎたというのに、
それでもこの時期から新たな出会いもあったりして、
もっと早くに出会えていれば良かったけど、
それでも出会えたことの方がずっとたいせつ。

みんなだってきらきらしてる様に見えても、
きっと不安はいっぱいあるはず。
自分のことばっかりにならない様に、
見えない先の幸せばっかり望まないで、

私がもっと大切にしないといけないのは、今目の前にあるものたちなんだよなぁ。
【2008/10/25 15:32】 heart | トラックバック(0) | コメント(2) |
葉月にっき に
黒い森宿の近くの移動パン屋




さて、葉月日記②の始まりです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
東北旅行から2日。
次に向かうは、生まれ故郷の四国でした。
毎年車で12時間かけて帰るのですが、今年も深夜に出発。
お父さん・お母さん・お兄ちゃん・そして私と交代運転で行きました

徳島といえば、「すだち」などの特産品がいろいろとありますが、
みなさんご存じであろうか?
徳島には、「徳島らーめん」なる食べ物があるのです。
今まで何度も徳島を訪れているにも関わらず一度も食したことがない
・・・ということで、
早速我が家のグルメ隊長(兄)はコンビニへ駆け込み、
徳島情報誌を片手にいざ有名店へ。

早速ご対面してみると・・・
見た目はみそラーメンを更に濃くした恐ろしくこってりしていそうなラーメンなのですが、
食べてみると意外とあら不思議。
あっさりスープで全然しつこくなく、すいすいーっといけてしまう口なのです
人生21年目にして初めて、徳島らーめんの魅力に取り憑かれてしまいました
徳島へお越しの際は是非どーぞ(´∀`)ノ

そして初めてといえば今年はもう一つ初体験を。
徳島県といえば誰もが知るは、「阿波踊り」ですよね
勿論阿波踊りは見たことあったのですが、
今年は阿波踊り会場の予約席を取って、”野外ステージ”に参加してきました
参加といっても・・・
私は観客席からひたすら屋台ものを食べながら見物していただけなのですが、
若いキンパツのお兄ちゃんなんかが上手に踊っているのを見ると、
”地元の格好良さ”というものを感じるんですねぇ。
転勤族の私には皆に披露出来る様な地元ネタがないので、やっぱ憧れるなぁと

そういえばこちらでは、水野真紀さんがいらっしゃいました
そんなこんなで、今年は徳島の魅力を新たに発掘した年でした


さて、続いて香川県では
毎年恒例のUDONツアーに出かけ、何件もはしごをしてきました。
香川県のうどん屋は製麺所が多いので、
14時~15時には大抵のお店が閉まってしまうんですね。
中には営業時間9時~10時なんてのもありました・・・
今回は、香川県るるぶに掲載されている「やまうち」が一番印象的でした。
なんてたって・・・
”山の中のド田舎でボロボロのうどん屋の前に長蛇の列”
という月とすっぽんの不釣り合いさが可笑しくて、
何故か入り口で販売されているゴルフボールとサボテンもツボでしたw
でも麺自体に塩っ気があって、うどん自体がすごく美味しいお店でした

そして今回の香川Bigイベントといえば・・・
まさかの大学友と香川県で再会したこと
偶然にも実家が近く、帰省時期が重なったということで、
今回は香川の県庁所在地こと、「高松ツアー」に連れて行って貰いました
バイクでこけたり、魚に刺されて病院行ったり・・・
これぞ”若気の至り”と胸を張って言える様な夏を満喫してきました

みなさん。
8月中旬、海に入る際は藻に近寄らない様にしましょう。
藻の中には「オコゼ」というお魚が隠れていて、これが人間を刺すんですね。
辛抱強いと自負していた私も、さすがに今回の痛みには耐え切れませんでしたー

若干海にトラウマを持った、2008夏も中盤にさしかかりました。
しかし葉月にっきはまだ終わりません。
頑張って次で締めたいと思います

photo* in Germany
【2008/09/06 01:49】 travel | トラックバック(0) | コメント(2) |
葉月にっき いち
テルチ






怒濤の8月が終わり、9月になりました。

今年の8月は、それはもうすごく充実していて、北から南へいろんな所に行きました
おかげで、頭から足までまっくろくろすけ。
少年の様になってしまいましたが、夏の思い出が体に残るのもいいものです

さて、せっかくなので旅行記をつらつら書いてみようと思います。

********************************

7月のビックイベントであるゼミ合宿も、あっという間に終わってしまいました。
キャンプ場のある山頂から見た夜景は、本当に今まで見た中で一番綺麗な夜景で、
バーベキューして、芸出しして、水鉄砲で水掛け合って、花火して。。
すごく楽しくて幸せな気持ちだったけど、私はすごく切ない気持ちでもありました・・・
きっと、幸せな時間もいつかは終わってしまうからかな。
学生でいられる時間、大好きなゼミ仲間といられる時間。
そんな幸せな時間もあとわずかだと思うとすごく切ないけど、
だけど、今この幸せな空間に出会えて本当に良かった。
改めて、そう思うのです。

あ、ちなみに遊んだだけではないので悪しからず。
今回は、子供たちに英語の楽しさを伝えよう!という目的があり、
」をテーマに各学年に分かれていろいろ準備していったのです。
当日は子供たちもゼミメンバーも、みんなキラっキラしてたね


さて、8月のスタートを切ったのは、茨城県は大洗の海でした。
こちらも仲良しクラスのCメンバーで、レンタカーを借りて
行きの車から爆睡してごめんなさい。
なぜか真夏日だというのに日焼け止めを一切塗らず、あっという間にまっかっか
それから5日間位は洋服がこすれて当たるたんびに、
「いたい!いたい
と無惨な姿になることとは露知らず・・・


そして翌日からは家族で、宮城・山形の東北旅行へ
生まれて初めて、
宮城の七夕祭り と 山形の花笠祭り
を見てきました

七夕祭りが開かれる仙台駅にはたくさんの七夕飾りがあって、本当に見応え十分
特に前日TV放送されていた、「高校生によるecoの吹き流し」がすごく斬新でした
ペットボトルの蓋や、レシートが模様代わりに使われていたんだよ!

祭りの前日には毎年恒例の花火大会も開かれて、ビルの屋上からお酒を片手に拝見
家族で一緒に花火が見られるのもあと何回だろう、と再びしみじみ。。

山形では、大正ロマンの様な店構えのお蕎麦屋さんでお食事をしました。
懐かしい図工室の木の椅子や、理科室の白い棚が、それはもうセンスの良いこと。
そしてかの有名な、山寺にも登ってきました
我が家のわんこも一緒に登っていると、
「あら~わんちゃんも頑張ってるわねぇ。」
と道行く人みんなが声をかけてくれました。

花笠祭りも盛況で、ヒップホップでアレンジした花笠音頭がすごくカッコよかったー
あとね、お笑いの”芋洗坂係長”もパレードに参加してたよw

この旅行で気が付いたことは・・・
東北の人ってみんなフレンドリーで優しい人ばかりってこと。
「他人は他人じゃない」、そんなことを現地の人に教わった気がします

さてひとまずここで、葉月にっき①を閉じます。
ぱたん。

photo* in Czech Republic
【2008/09/06 01:20】 travel | トラックバック(0) | コメント(0) |
こーん・きゃらめる
ハイルゲンブルート


私は時折どうしようもない位お腹が痛くなる時がある。
そんな時は決まって、

「あぁ、神様が怒ってる・・・」

と思う。だから
今まで自分のしてきた悪いことをもう一度思い返して、
神様にお願いするのです。

「ごめんなさい、ごめんなさい。もうしません。だから許して下さい。」

と・・・
そうすると何だか少しだけお腹の痛みが引く様な気がするのです。
この話をすると、意外にも共感してくれる人がたくさんいたりする。
みんな考えることは一緒なんだね~
************************************

今日の写真は、オーストリアのハイルゲンブルートという町にて。
すごくほっこりした気持ちになれる。

そういえば最近「コーンキャラメル」というお菓子を食べました。
コーンは勿論とうもろこしのコーン。

では試しに、とお口にポイして噛みしめてみると・・・

「何だ、普通のキャラメルか」って思う。

でもそのすぐ後に、「いや、コーンスープの味がする」って思い直す。

でもその数秒後にはまた、「やっぱりキャラメルか」って思う。

つまり、どっちつかずの味。でも決して混ざり合わない味。
しいて言うならば、

”キャラメルを食べながらコーンスープを飲む”

を、想像して貰えればいいと思います
何でとうもろこしのキャラメルなんて作ろうとしたんだろう?って思ったよ。
**********************************

教育実習が終わってずっとずっと行きたかった場所へ行きました

"The library."

そう。図書館です

本を読むのは昔から大好きなんだけど、
「就活・シドニー研修・教育実習」とやることが続いて、
なかなか本を読む時間がなかったので・・・

今はベッド脇に7冊の本を置いて毎日幸せに浸っています。

図書館に行くと嬉しくて嬉しくて、
気持ちが高まると何故かお腹が痛くなるんだよね。

悪いことしてないのになぁ・・・
【2008/07/10 02:54】 heart | トラックバック(0) | コメント(5) |
前ページ | ホーム | 次ページ

calendar

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

links

search

template by amycco.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。